鍼灸師を目指すなら専門学校へ!高い知識と様々なスキルを学べる

鍼をさす手元

大学か専門学校かどっち?鍼灸師になりたいときには

鍼をさす

鍼灸師とは、針やお灸などを使用することで身体の健康状態を改善に導く仕事です。マッサージや整体などの仕事の中でも注目を浴びており、スポーツの分野では痛みの回復のために、鍼灸師の力を借りることがポピュラーなこととなっています。
この鍼灸師になるには、国家資格が必要となります。そのため、まずは鍼灸について学ぶことができる鍼灸専門学校か大学に通うことが必要です。もし早く鍼灸師として活躍したいと考えているのであれば、鍼灸専門学校をお勧めします。専門学校のメリットは、就職や資格の習得のために特化した教育を実施していることです。実習中心の授業が多く、その分早く資格を習得し、鍼灸師として働くことが出来ます。鍼灸の専門学校は3年制が多く、本格的に鍼灸整業界を目指すなら大学よりもこちらのほうが近道といえるでしょう。
また、入学する際も大学と比べると専門学校のほうが比較的容易に入学することが可能です。通学期間が短いということから、学費が抑えられるというメリットも存在します。
鍼灸専門学校は、長い間鍼灸の国家試験対策を行ってきていることもあり、試験対策についても万全の態勢を取る事が可能です。資格対策が徹底しているため、合格率が高いというメリットもあります。本格的な鍼灸師を目指すのであれば、専門学校をおすすめします。

注目

ニュース